花鳥風猫ワン

海外版 第2回 Bali

2009 7/19

・花鳥風猫ブログ第2回海外版
 ひきつづきBali編です。
 (使用機材はE-300+ZD11-22mm / FZ5)
 
・夕陽はPura Tanah Lot(タナロット寺院)です。
 観光名所ですね。Kutaから車で30分くらい。
 良い撮影場所は有料の椅子席で埋めつくされています。
 (飲み物を注文すればよい)

・次はSanur側での朝陽です。
 Kuta/Legian側は夕陽と方角がはっきり分かれます。

・Goa Gajahのみやげ物店近くの子供たち

・4枚目は、Ubud郊外にて


     Pura Tanah Lot
a0136249_11375124.jpg


     Sanur
a0136249_1139422.jpg


     Goa Gajah
a0136249_11394573.jpg


     Ubud 郊外
a0136249_11381799.jpg

 




© Copyright 2009 Shagaraku yashikon21. All Rights Reserved.

♪ 従来からのオンラインアルバム[花鳥風猫ワン]URLは↓です。
http://gallery.nikon-image.com/125201951/albums/280601/
[PR]
# by yashikon | 2009-07-19 11:45 | Indonesia / Bali

Iron & Green  /  E-P1 + 17mm Pancake

2009 7/18

昨日とはがらっと雰囲気が変わりまして・・・・
あっ、ゴルフネタではありません。(笑

・Iron & Green [鉄と緑] は私の主要な写真テーマの一つ。
 毎年5月ごろの新緑の季節に集中して撮ります。
 アスファルトやコンクリートの街中でも新緑が楽しめます。
 (今回の画像は、7/17の散歩中に撮ったものです。)

・路面のような天地のない対象は正方フォーマットがいいですね。
 フォーサーズ、4:4へのフォーマット拡大をやりませんかね。
 タテヨコ構図もボタン操作で切替え、持替えせずにすむもの。
 「フォーサーズ・+(プラス)」と名づけて時々提唱しています。


E-P1 + 17mm Pancake  両画像ともトリミングあり
[F4]
a0136249_0304327.jpg



E-P1 + 17mm Pancake
[F3.2]
a0136249_0311699.jpg



© Copyright 2009 Shagaraku yashikon21. All Rights Reserved.

♪ 従来からのオンラインアルバム[花鳥風猫ワン]URLは↓です。
http://gallery.nikon-image.com/125201951/albums/280601/
[PR]
# by yashikon | 2009-07-18 00:38 | E-P1 一般

Begoniaに感じる夏 5D+EF135mm・soft + Tubes

2009 7/17


・EF135mmF2.8softでよく花を撮ります。
 あまり寄れるレンズではないので、エクステンションチューブ
 12Ⅱと25Ⅱの2段重ねのパターンが多くなります。
 EOS用のレンズではこれの使用頻度が一番、レンズベビーが二番、
 前に書いたプラナー2本をふくめ、たぶん、個性派。(笑

 タムロンの272E(90mm)、A09(28-75mm)の愛用者でもあります。
 A05(17-35mm)は前に書いたように、ヒマになってしまいました。

・soft効果を無段階でレベル2まで調整できます。
 球面収差を利用するもので、
 E-P1のファンタジックフォーカスとは趣が違います。



[F3.2] Begonia ベゴニア
a0136249_3175438.jpg



[F3.5] Begonia ベゴニア 薫風
a0136249_3202834.jpg





© Copyright 2009 Shagaraku yashikon21. All Rights Reserved.

♪ 従来からのオンラインアルバム[花鳥風猫ワン]URLは↓です。
http://gallery.nikon-image.com/125201951/albums/280601/
[PR]
# by yashikon | 2009-07-17 03:22 | 5D+EF135mmF2.8soft

E-P1 に 60mm・MF マクロ  /  う~ん、難しい!

2009 7/16

昨日はexcite.のメンテナンスがあったので、お休みしました。

・E-P1 に Makro-Planar T* 60mmF2.8 をつけてみる。
 晴天の屋外では拡大モードでピントあわせをするのは難しい。
 非拡大では正確なピントの確認はむりだし見難いのは同じ。
 屋内では、なんとか苦労しながら対応は可能です。
 それでも、苦しい。^^;

・難しさのもう1つの理由は、画面が揺れて安定しないことです。
 やはり、換算120mm相当では長すぎます。
 40mmのMFの経験から、35mmF3.5マクロの方が
 ずっと扱いやすいでしょう。(三脚を使用しない場合)
 EVFのあるG1に60mmマクロ対応は任せることにしましょう。

・拡大モードの使い方は微妙に違います。(E-P1とG1)
 G1は拡大で合わせた後、シャッター半押しで非拡大となるのですが、
 E-P1はOKボタンで非拡大になるのです。これは不便です。
 なぜかというと、OKボタンを押そうとして、カメラが動いてしまったりするのです。
 (構図の見切りをつけるのに、非拡大の全体表示で確認したいわけですね)

・それで、そのようなときどうすることにするか。
 先に構図を決めて、グリーンのフレームを合わせたいところへ移動させます。
 拡大で合わせたら、非拡大にもどらずにそのままシャッターを切ります。

・手ブレ補正の焦点距離選択に60mmがなかった。
 これは意外、仕方なく短い方に近い55mmを選択しました。
 たいした手間でないでしょうから入れておいて欲しかった。
 至近領域での手ブレ補正効果があまり期待できないことは
 もはや、詳しい人の中では定説です。過信はできません。
 このレンズでは距離情報もまったく反映しませんし。

・画像の絞り値はF4です。オールドレンズやNOKTONのときは、
 レンズによって、今日はF1.4と5.6というように決めておきます。
 あとで、絞り値がわからなくなるので。・・・って、本末転倒?(汗

(作例とは書けないただのテスト画像になってしまいました)


E-P1 + Makro-Planar T* 60mmF2.8
[F4]
a0136249_134162.jpg


E-P1 + Makro-Planar T* 60mmF2.8
[F4]
a0136249_14883.jpg



© Copyright 2009 Shagaraku yashikon21. All Rights Reserved.

♪ 従来からのオンラインアルバム[花鳥風猫ワン]URLは↓です。
http://gallery.nikon-image.com/125201951/albums/280601/
[PR]
# by yashikon | 2009-07-16 01:21 | Yashika/CONTAX

ぼけた写真もいいな それで5D

2009 7/14

・椅子はときどきの撮影対象に
 いろいろな撮影テーマを20以上持って撮りためていますが、
 椅子はそれらのテーマから外れながらも、気が向くと撮っています。
 たぶん、好きな画家のゴッホの影響ではないかと・・・
 ゴッホには多面的に惹かれるのですが、1つの面として
 広角画角的な画面構成によるところがあると思います。
 絵によって24mm(35mm判で)くらいの感じのものがあります。
 椅子の絵はとても有名ですね。

・Planar T*85mmF1.4は長年の愛用レンズです。
 デジタルの5Dでまた使えるところがすばらしいですね。
 同じPlanarでも50mmF1.4の方がずっと使用頻度が高いです。
 この50mmレンズはもう30年以上になりますが、
 現役で一級の描写をもたらしてくれます。

・そうなんです。私はヤシコン難民なのです。(Yashika/Contax)
 京セラが撤退してから、フォーサーズで使い、EOSに漂着という
 経路をたどってきました。
 Makro-Planar T*60mmF2.8はずっとフォーサーズ用です。
 その他、Sonarなどがありますが、ほとんど使っていません。

Planar T*85mmF1.4 + 5D
[F1.4] トリミングあり
a0136249_3142317.jpg



・話は突然変わって、インクの「色彩雫」(Iroshizuku)。
 万年筆が好きなので、インクも増えるというのは必然です。(笑
 たくさんあります。パイロットでは「色彩雫」シリーズがいいですね。
 試行錯誤はありましたが、ブルー系では「紫陽花」と「月夜」が好みです。
 レンズはタムロン90mmF2.8 (272E)です。

Tamron90mmF2.8 + 5D
[F4]
a0136249_324132.jpg




© Copyright 2009 Shagaraku yashikon21. All Rights Reserved.

♪ 従来からのオンラインアルバム[花鳥風猫ワン]URLは↓です。
http://gallery.nikon-image.com/125201951/albums/280601/
[PR]
# by yashikon | 2009-07-14 03:28 | Yashika/CONTAX

G Vario 7-14mmについて

2009 7/13


・超広角をどうするかはこの何年来かの悩みでした。
 フォーサーズ用にZD11-22mm、
 フルサイズ用にタムロン17-35mm(A05)
 の2本立てで4年くらいになるのです。
 ZDは優秀なレンズですが、W側に不足感があり、
 一方、タムロンは周辺の甘さとフレアーに弱いことに加え、重量やかさばりが旅行用途に
 マッチしないという悩みを抱えていました。
 (タムロンは近接開放のボケが意外によく価格を考えると総合的には悪くありません)


・主目的を旅行用として携帯性の良い高品位な超広角といったら結局「これ」しかなかった。
 商品の詳細情報をつかみながら、決断し、4月の発売日に入手しました。
 ZD9-18mmも頭をよぎりましたが、W端は手持ちの11mmに近く、テレ側で暗くなる、
 m4/3アダプターをかませると、本来のコンパクトさが生きてこないということで対象外に。
 超広角で最初の手ごろな1本ということなら、いいレンズではないかと思います。
 オリンパスの7-14mmの性能が良いことはわかっていましたが、大きく重く高価でパス。
 ED7-14mmとG7-14mmの対比が4/3とm4/3の違いをまさに象徴しているようです。
 ニコン・ナノクリスタル14-24mmはボディーからということになって、最初から無理。
 いずれにせよ重さやかさばりは改善できません。
 

・G 7-14mmをE-P1につけるとデジタル一眼の最小最軽量の超広角システムとなる。
  (アダプターをZD9-18mmにつけた状態より軽い)
 加えて、手ブレ補正が効くので、旅行用途として、現状では最良の組み合わせです。


 ・さてその写りはどうか。
 概括的な印象では、とてもシャープで抜けの良い描写が得られる
 という感触です。
 一部の外国からのテスト情報では、
 中央部以外の色収差の弱点を指摘する話もありましたが、 
 個体差なのか特に問題を感じません。
 周辺描写はフルサイズよりはずっといいのですが、気持ち甘くなるようです。
 (ソフトによる歪曲補正の影響があるようです)
 その歪曲補正はG1/E-P1とも、カメラ内ソフトにより良好に補正されており、
 建造物などの直線がすっきりと延びて気持ちのよいものです。
 背面液晶やEVFにはリアルタイムで反映されますから、
 通常の使用では、その補正に気づくことはありません。
 レフのある光学ファインダーの場合は差異があり違和感が生じるでしょう。

 周辺減光はほとんど気になりません。周辺の流れも気になりません。
 逆光特性ですが、超広角としては良くがんばっているほうでしょう。
 ゴーストは出るときは出ますが、出方に変な癖を感じることはありません。

 F5.6~6.3くらいの描写が特に良いようですが、開放からどんどん使えるレンズです。
 絞りごとのライバル比較など、 すでにいろいろテストされている方がおられますね。
 F11超は、特に深い深度が欲しいときだけ使います。
 F8くらいから回折の悪影響が少し感じられるようです。
 4/3では、F11あたりから回折の悪影響が目立ち始めるというのが通説です。
 F8でも同画角フルサイズのF16相当の深度ですから、問題はありませんね。
 
 基本感度域で深い被写界深度を得られる点が4/3のメリットの1つです。
 この深い深度が旅行用に向いているのです。
 海外では背景がどこだかわからないぼけた画像をあまり必要としません。

 E-P1 + G 7-14mmの画像については7/5と7/8、
 G1 + G 7-14mmの画像については7/7の記事を参照ください。

 参考情報として「デジタル一眼を比較してみるブログ」を紹介しておきます。
 http://dslr-check.at.webry.info/200905/article_5.html



[テスト画像]

[F8/ 8mm] (G1) 画面やや左上に太陽があります。
a0136249_4314328.jpg



[F6.3/ 7mm] (G1)
a0136249_3425051.jpg



[F5.0/ 7mm] (G1) 隅のクレーンに注目ください。
a0136249_3433419.jpg



© Copyright 2009 Shagaraku yashikon21. All Rights Reserved.

♪ 従来からのオンラインアルバム[花鳥風猫ワン]URLは↓です。
http://gallery.nikon-image.com/125201951/albums/280601/
[PR]
# by yashikon | 2009-07-13 03:47 | G VARIO 7-14mm

海外版 初回は Bali

2009 7/12

・花鳥風猫ブログ第1回海外版
 これから、
 ときどき海外版として過去の画像もアップしていきます。
 このときの使用機材は、E-300 + ZD11-22mm / FZ5 です。

・バリ島にはとてもいい「気」があふれているところでした。
 神々の島とときに言われることが実感できます。
 次回はジャワ島のボロブドールやソロ市、高原のマラン市をからめて行きたいと
 考えています。

・父は、スマトラ沖で乗っていた兵員輸送船が撃沈され、九死に一生を得た体験を持っています。
 一方、敬愛する詩人 金子光晴 氏が戦前に訪れた紀行文は実にすばらしいものがありますね。
 いろいろな想いが錯綜するなか、
 インドネシアの入り口となったバリ島はとても懐の深いところでした。

・ウブドではレンタルモーターバイクで走り回りました。
 ヤマハのヌーヴォ、115ccくらいでしょうか。
 写真を撮るという目的にはバイクがとても役に立つのです。 

・ウブドやその近郊でもいくつかの美術館が楽しめますが、
 サヌールにあるル・メイヨール美術館は絵がお好きならおすすめです。
 彼が晩年をすごした素敵な居宅に多くの絵が展示されています。
 私は、写真展に行くことはとても少ないのですが、絵を観ることは大好きです。

Legian
a0136249_215128.jpg


Legian
a0136249_231611.jpg


Sanur
a0136249_242952.jpg


Legian
a0136249_265484.jpg


Ubud 郊外
a0136249_2321751.jpg


Bali Bird Park
a0136249_2345487.jpg







© Copyright 2009 Shagaraku yashikon21. All Rights Reserved.

♪ 従来からのオンラインアルバム[花鳥風猫ワン]URLは↓です。
http://gallery.nikon-image.com/125201951/albums/280601/
[PR]
# by yashikon | 2009-07-12 02:10 | Indonesia / Bali